Overblog Seguir este blog
Edit post Administration Create my blog
12 febrero 2014 3 12 /02 /febrero /2014 19:13

Rubyの項目1 、 IRBが開始され、それはそれはRubyで私たちを提供していますということです。

 

定義:

 

我々は、計算コンソールのコマンドラインを変換できたので、我々は、対話型の定義を追加した場合、我々はそれからRubyのコマンド·インタプリタを持って、この場合のように、対話型のRubyシェル、シェルを翻訳できたIRBはRubyのインタラクティブシェル手段。

 

IRBの組成:

 

IRBは、特定の改変を受けている、それはあなたにいくつかの支援データを示している今、私たちはRubyの1.9.2で動作するように、この時間の前に簡単だったと、このバージョンに付属しているIRBを定義します。

Interprete

この場合のイメージは、Windows VistaでのIRBに属し、我々はIRBを開くと、各オペレーティングシステムにコンソールを示し、それらが動作する方法は、ステートメントを受信し、応答を返すことです。

これはで構成されています。

irb(main):001:0>

=>

各要素は何でしょうか?

「 irbは、 「あなたは、IRBコンソールであることを伝えることです。

プログラムのコンテキスト内で検索する」 (main) "を作る言及、すなわち、インサートはプログラムにあります。次に、 「 (main) 」または「マスター」と訳されていることを命令、もし各IRBコンソールウィンドウというか、各インスタンスのIRBは、他から独立している、つまり、あなたはIRBウィンドウを持っているそれぞれの変数は、 IRBを開いた新しいウィンドウに反映されません。

というように :003と 、 :002  「 001」は、単にあなたが自分自身を見つけるした行を設定行を示し、次のラインは次のようになります。すなわち、これは、 1対1だけ増加させる。

:0 "は、あなたがIFを入れて、まだ終止符を打つことはないので、もし、例えば、 RubyでIFは、 ENDで終わり出血、すなわち、 「 1 」から「:0」に変更を深さを意味します次の行には、終了を記述した場合、 「 :0 」に戻って、というように、別のIFの中にIFを置くことができますで行く場合は、深さが、あなたを教えてくれます。深い1レベル、 2レベル深い、というように深さとの3つのレベル。

構文を使用すると、たとえば置けば、構文完成度はいつもいつも教えてくれるかどう= " > "は、構文が不完全であることを示しています"*"に変更されている、つまり、完全であるかどう"> "を意味する" > "

"=> "はあなたが作られている文は、対応する応答を返すことを意味します。

ちなみに、デフォルトでは、このバージョンでのIRBは、すべてが示す色は例示であり、白黒である。

あなたはRubyのコマンドや命令を試してみたい場合は、 IRBはこの目的のために広く使用されています。

我々は「ラインが1 "1 + 1コマンドを受信し、 2に答えていることを読んでどこにこの説明の後に我々は、上の画像を解釈することができるし、我々は「ライン2 」は、コマンドを受信する準備ができていることがわかります

我々はIRBの指示と応答を使用し、より興味を持っているように、我々は、その命令を受けて、我々はそれを得ることを知っているのRubyに焦点を当てています。

 

さて、いつものように、私はこの情報を拡大したいと考え、今のところは、タイトル「 1 」で終わっあなたが今、タイトル「 2 」に進むことができ、あなたが自由にコメントすることができます。

Compartir este post

Repost 0

Comentarios

Presentación

  • : El blog de Daniel A. Nuñez C.
  • El blog de Daniel A. Nuñez C.
  • : Un blog sobre tecnologías y futuro, también sobre lenguaje de programación Ruby y más.
  • Contacto

Perfil

  • Daniel A. Nuñez C.
  • Ingeniero de Sistemas
  • Ingeniero de Sistemas

Donaciones/Donations

Por favor considera realizar una donación

Please make a donation

btn_donateCC_LG.png

Buscar Tema En Este Blog

Archivos