Overblog Seguir este blog
Edit post Administration Create my blog
12 febrero 2014 3 12 /02 /febrero /2014 19:30

Rubyはまつもとゆきひろが作成したオブジェクト指向言語、大幅なプログラミングと高い生産性を生成が簡単になり、非常に有能な言語に簡単でエレガントなコードを書くの仕組みを示している。

 

指示への対応RUBY

 

[OK]を、今IRBを使用開始するために、ルビーとの相互作用で始まり、それはRubyが大文字と小文字が区別されると述べられている、すなわち、それは、すべてがRubyの中のオブジェクトであるように、「大文字と小文字を区別」は、 「単語」オブジェクトを入力してEnterキーを押しdigitamosです次のようにRubyは対応させていただきます。

 

irb(main):001:0> "palabra"

=> "palabra"

 

palabraワードはスペイン語で意味

 

ユニコード

irb(main):001:0> "単語"

= > "単語"

 

すべての例はスペイン語になります。

 

我々が見るように、 Rubyは文字列(列は、すべてのテキスト文字列のクラスである)として動的に理解して引用された文字だけが書き込みで、 「ワード」の文字列値を返しました。あなたもそのような大文字方法として、そのメソッドを使用できるようにどのようにオブジェクトである、これは、首都(の大文字の最初の文字)に文字列を変換し、ポイントを配置することによってアクセスされ、次のように:

 

irb(main):002:0> "palabra".capitalize

=> "Palabra"

 

見てわかるように、直接オブジェクト"単語"の方法を使用され、今では重要なことは、メソッドは、この目的のためには存在していることを知っていると思う。

 

最も重要なメソッド:methods。

 

ルビーにすべてがある等の番号または1 ( trueまたはfalse)ブール式、を含めて、対象物である理由のプロパティやメソッドのみをdigitamos 、例えば、私たちのリストを示していた方法を示します。

 

irb(main):003:0> "palabra".methods

=> [:<=>, :==, :===, :eql?, :hash, :casecmp, :+, :*, :%, :[], :[]=, :insert, :length, :size, :bytesize, :empty?, :=~, :match, :succ, :succ!, :next, :next!, :upto, :index, :rindex, :replace, :clear, :chr, :getbyte, :setbyte, :to_i, :to_f, :to_s, :to_str, :inspect, :dump, :upcase, :downcase, :capitalize, :swapcase, :upcase!, :downcase!, :capitalize!, :swapcase!, :hex, :oct, :split, :lines, :bytes, :chars, :codepoints, :reverse, :reverse!, :concat, :<<, :crypt, :intern, :to_sym, :ord, :include?, :start_with?, :end_with?, :scan, :ljust, :rjust, :center, :sub, :gsub, :chop, :chomp, :strip, :lstrip, :rstrip, :sub!, :gsub!, :chop!, :chomp!, :strip!, :lstrip!, :rstrip!, :tr, :tr_s, :delete, :squeeze, :count, :tr!, :tr_s!, :delete!, :squeeze!, :each_line, :each_byte, :each_char, :each_codepoint, :sum, :slice, :slice!, :partition, :rpartition, :encoding, :force_encoding, :valid_encoding?, :ascii_only?, :unpack, :encode, :encode!, :to_r, :to_c, :>, :>=, :<, :<=, :between?, :nil?, :!~, :class, :singleton_class, :clone, :dup, :initialize_dup, :initialize_clone, :taint, :tainted?, :untaint, :untrust, :untrusted?, :trust, :freeze, :frozen?, :methods, :singleton_methods, :protected_methods, :private_methods, :public_methods, :instance_variables, :instance_variable_get, :instance_variable_set, :instance_variable_defined?, :instance_of?, :kind_of?, :is_a?, :tap, :send, :public_send, :respond_to?, :respond_to_missing?, :extend, :display, :method, :public_method, :define_singleton_method, :__id__, :object_id, :to_enum, :enum_for, :equal?, :!, :!=, :instance_eval, :instance_exec, :__send__]

 

我々は、リストに表示のですぐにあなたのオブジェクトがメソッドを持っていることを知って、その後、あなたが行っているか、機能がそれぞれの方法も記載されていることを知ることが調査できるように、この方法と、より多くの方法を大文字にします。

さて、いつものように、今私たちは3 " "あなたが今タイトルで続けることができる「タイトル'2に終わっため、この情報を拡大したいと考えて、あなたは自由にすべてのあなたの疑問について議論することができます。

Compartir este post

Repost 0

Comentarios

Presentación

  • : El blog de Daniel A. Nuñez C.
  • El blog de Daniel A. Nuñez C.
  • : Un blog sobre tecnologías y futuro, también sobre lenguaje de programación Ruby y más.
  • Contacto

Perfil

  • Daniel A. Nuñez C.
  • Ingeniero de Sistemas
  • Ingeniero de Sistemas

Donaciones/Donations

Por favor considera realizar una donación

Please make a donation

btn_donateCC_LG.png

Buscar Tema En Este Blog

Archivos