Overblog Seguir este blog
Edit post Administration Create my blog
12 febrero 2014 3 12 /02 /febrero /2014 19:46

まあ我々は我々が、それぞれ2つの部分に分け、変数と定数を説明しますIRBでのRubyインタプリタ、このチュートリアルのRubyのパート3に進みます。

 

Rubyで変数

 

周知のように、変数もまた、格納されたコンテンツを変更することができ、コンテンツのstorersであるが、 Rubyは格納されたコンテンツは、我々が実際に単語を格納する場合、すなわち我々は、オブジェクトを格納して、実際のオブジェクトまたはクラスであるStringクラス。

Rubyで変数は前述のように、小文字で始まる場合とsensitveルビー(大文字と小文字が区別とは違って) 、その後、使用したのと同じアロケータ=例えば右側の内容というより"オブジェクト" 、 :

 

irb(main):004:0> variableNumero=0

=> 0

irb(main):005:0> variablePalabra="palabra"

=> "palabra"

 

応答ルビーIRBは、これらの変数の内容であり、後に、変数の内容を取得、単に変数の名前をdigitamos :

 

irb(main):006:0> variableNumero

=> 0

irb(main):007:0> variablePalabra

=> "palabra"

 

あなたはvariablePalabraの内容を変更したい場合は、単純に他のコンテンツを割り当てます。

 

irb(main):008:0> variablePalabra="palabrita"

=> "palabrita"

 

Rubyでの定数

 

定数は、変数と同じ機能を持っているいくつかの例外を除いて、 Rubyで定数は大文字で始まり、コンセプトは、定数の内容が変化してはならないことですが、内容が変更されたときに常にルビーを起動定数上のケアや注意を、例えば定数が初期化されている警告:

 

irb(main):009:0> ConstantePalabra="palabra"

=> "palabra"

irb(main):010:0> ConstantePalabra="palabrita"

(irb):10: warning: already initialized constant ConstantePalabra

=> "palabrita"

 

ご覧のように私たちは、あなたが定数の内容を変更するインタプリタの10行目のIRBで指定された「警告」を受けた。

通常、私はあなたが今タイトル「 4 」に進むことができ、今の我々はタイトルを「 3 」で終わっは、この情報を拡張したいと考えて、あなたは自由にすべてのあなたの疑問を議論することができます。

Compartir este post

Repost 0

Comentarios

Presentación

  • : El blog de Daniel A. Nuñez C.
  • El blog de Daniel A. Nuñez C.
  • : Un blog sobre tecnologías y futuro, también sobre lenguaje de programación Ruby y más.
  • Contacto

Perfil

  • Daniel A. Nuñez C.
  • Ingeniero de Sistemas
  • Ingeniero de Sistemas

Donaciones/Donations

Por favor considera realizar una donación

Please make a donation

btn_donateCC_LG.png

Buscar Tema En Este Blog

Archivos